苅草学院の教育への想い

長野県青木村野外学習センター

苅草学院・勁草学舎野外学習センター

2008年6月、理事長の理想とする「学びの場」のひとつとして、「苅草学院・勁草学舎野外学習センター」が長野県青木村に完成しました。この施設にて、2009年から2015年まで、学習面、精神面を鍛える機会として勉強合宿を実施しました。合宿名物となった早朝自習では、辺りがまだ暗い朝5時前から自らの勉強に打ち込む姿が感動的でした。「学び浸る」経験を通して、頑張り抜いた充実感を味わい、新たな自分を発見する機会となりました。安全面を考慮し勉強合宿はその役割を終えることとなりましたが、その精神は形を変えて夏期集中特訓に受け継がれています。

遊びをはじめとする豊かな先行体験や追体験の濃淡は、子どもの学力を大きく左右する。体験の豊かな子は、学校で習うことでも自らの体験をもとに容易に理解し、それを応用していくことが出来るのだ。「生きる力」なるものも、本来はこのような体験から生じてくるべきものだろう。

出典『断章』〜夏休みに親は語ろう

野外学習センターの内装

センターの外観、浴室、研究室の様子ミーティングや休憩用のスペース、食堂、ミニ体育館の様子